セレブリティの行動規範:アメリカの新しいエリートたち / Hidden Brain

Hidden Brain は、科学と物語の力で、

われわれの隠れた行動パターンを明らかにするラジオ番組です。

ホストはNPRのShankar Vedantam(シャンカー・ヴィダンタム)。

今回の音声はコチラ!

アメリカのセレブリティ研究!

今回のHidden Brainは、南カリフォルニア大学で公共政策の教鞭をとるエリザベス・カリド・ハルケットがゲストです。

前半は、アメリカのセレブリティがいかにして大衆を魅了するのか、彼らの行動規範について語られます。そして、後半では”The Aspirational Class”(意欲的な人たち)とカリド・ハリケットが命名した、新たな価値観を持ったエリート階級の消費者が起こすムーブメントが紹介されます。

公式ページのイントロダクションです。今回は長めに引用しました。ボキャブリストも充実。

VOCABS
  • A-list [エーリスト]・・・トップセレブ、スーパースター
  • norm [ノーム]・・・標準、規範
  • govern [ガヴァーン]・・・治める、左右する
  • swath [スワス]・・・帯状の刈り跡、ひと刈りの束
  • sheer [シアー]・・・まったくもって、真の意味での
  • fixated [フィクセイト]・・・固定させる、凝視する

All social classes have unspoken rules.

あらゆる社会階級には、不文律があるものです。

From A-list celebrities to teachers, doctors, lawyers, and journalists — there are social norms that govern our decisions, whether we realize it or not.

世界的なセレブリティーから学校の先生、医者、法律家、そしてジャーナリストまで、それぞれのグループには社会的な規範があり、本人も気づかないうちに、意思決定を左右されています。

Researcher Elizabeth Currid-Halkett studies social networks, and has observed certain patterns across swaths of American culture. In her book Starstruck: The Business of Celebrity, she looks at the super elite: the celebrities who populate the Hollywood Hills and the tabloids in our grocery stores. She makes a distinction between fame and celebrity.

社会的なつながりを研究しているエリザベス・カリド・ハルケットは、アメリカ文化における重要な特徴を調査してきました。彼女の書籍『スターに夢中:セレブリティーの裏側』では、ハリウッドヒルズや食料品店のタブロイド紙を賑わすスーパーセレブたちを例に出して、単なる名声(fame)とセレブリティ(celebrity)を区別しています。

“Fame is simply people knowing who you are,” she says. “The sheer number of people who know who someone is, is very different from a public being fixated upon someone.” For example, we all know who Bill Gates is — but we aren’t all wondering what Bill Gates ate for breakfast today, the way we might wonder that about Beyoncé, or Barack Obama, or Jennifer Aniston.

「名声とは、多くの人々があなたのことを知っている、それだけのことです。名声を得た人の真の姿を知っている人々の数は、周りから注がれる視線にくらべて圧倒的に少ないと言えます。たとえば、われわれはみんなビル・ゲイツのことを知っていますが、みんながみんな、ビル・ゲイツの今朝の食事を気にしているわけではありません。反対に、ビヨンセだったり、オバマ前大統領やジェニファー・アニストンについては、たかが朝食でも気にする人がいるものです。」

This week on Hidden Brain, we look at the invisible qualities that all celebrities have in common, and how our interest in them builds because of cues we get from one another. Later in the episode, we look at another elite group: the yoga-loving, Whole Foods-shopping, highly-educated group that Elizabeth Currid-Halkett calls The Aspirational Class.

今週のHidden Brainでは、セレブリティたちに共通する目に見えない資質と、われわれのセレブリティへの関心がどのように構築されるのかを取り上げます。後半では、Whole Foods-shoppingという、カリド・ハルケットが「意欲的な人たち」と命名したような、教養の高いヨガ愛好家たちのセレブ・グループを取り上げます。

(公式サイト より引用と翻訳)

今週の記事はここまでです。アメリカのセレブリティ文化は、われわれ日本人に馴染みがなくて難しいですね・・・はりきって、本編をどうぞ!

プレーヤーに戻ってラジオを聴く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。