新しいサイトで、日記と短歌を更新中!

ビジネスは手段、環境保護が最大のミッション:パタゴニア / How I Build This

How I Built This は、理想を求めて革新を起こした起業家の、

成功の裏側に隠された物語を明らかにするラジオ番組です。

ホストはNPRのGuy Raz(ガイ・ラズ)。

今回の音声はコチラ!

イントロダクション:ないから作ったパタゴニア

パタゴニア(Patagonia)は、登山用品やサーフィン用品などを作っている、アメリカの会社。創業者のイヴォンは、パワーポイントでプレゼンをするようなタイプではなく、サーファーであり、登山家です。五十年前、ヨーロッパから流れてきた質の悪い登山用具を使っていて、「自分ならもっといいものが作れるな」と感じてパタゴニアを立ち上げました。

ボキャブリストを確認したら、英語 → 日本語公式ページのイントロダクションを読んでみましょう!

VOCABS
  • elsewhere [エルスウェア]・・・どこかほかの場所
  • implement [インプリメント]・・・実行する

We’re taking a break for the holidays, so we bring you this favorite from the last year: Patagonia. In 1973, Yvon Chouinard started the company to make climbing gear he couldn’t find elsewhere. Over decades of growth, he has implemented a unique philosophy about business, leadership and profit.

年末年始の休みを取っていますから、昨年のお気に入り音声をもう一度お届けします。パタゴニアです。1973年、イヴォン・シュイナードは登山用具を作るために会社を立ち上げましたが、それは彼が良い品質の登山用具を他所で見つけることができなかったからでした。以来何十年と成長を続け、イヴォンはユニークな経営哲学と、リーダシップや営業利益についての考え方を実行してきました。

(公式サイト より引用と翻訳)

ラジオそのまえに:聴き取りのポイントとキーボキャブ

前半は、イヴォンが1970年代に会社を立ち上げた経緯から。ヨーロッパから流れて来た登山用具のクオリティに不満だったことや、スコットランドで見かけたラグビー用具がカラフルでかっこよかったことで、質が良くて見栄えがいい登山用具を作ろうと思ったそうです。それまでの登山用具は、どれもグレーばかりで、デザインなんて気にされていなかったと言います。

さらに、企業が急激に成長するのを防ぐために、いい波が来たら、仕事を放り出してサーフィンに行けとお触れを出した理由について語ります。顧客にも、すぐに新しいパタゴニア製品に買い換えるのではなく、飽きたら誰かにあげたり、壊れたら修理していつまでも使ってほしいと考えるのがパタゴニアのポリシー。ただし、ビジネスマンとしては日本流のマネジメント技術の本も読み漁ったらしく、NPRの番組も聴いて勉強をしたそうです。

本編から抜粋した、キーになりそうなボキャブラリーは、こちら!

VOCABS
  • reluctant [リラクタント]・・・しぶしぶの、不承不承の
  • conquering mountains [コンカリング マウンテンズ]・・・山を征服すること
  • creep up [クリープ アップ]・・・じわじわ上がる

高品質な商品と、環境保護への取り組みで知られるパタゴニアの創業者にして、サーファーでありロッククライマーのイヴォン・シュイナードの本。読みたい・・・

プレーヤーに戻ってラジオを聴く!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。