NPRとは?

NPRの紹介ページです!

 

1. アメリカのラジオ局

900以上の地方局が構成するアメリカ最大のラジオネットワークで、ワシントンに本部があります。

行きたい人のために地図を貼ります。

CNNやFOXはテレビ局で、New York TimesやHuffington Postは新聞社ですが、NPRはラジオ局です。
アメリカの公共ラジオの歴史は浅く、NPRは1970年にようやく設立されましたが、1979年にはこんな曲が流行りました。


ちなみに、アメリカのテレビ普及率は、1950年の9.0%から、1965年には92.6%になり、60年〜70年代はまさしくテレビの黄金期を迎えました(ここから引用)。つまり、NPRはテレビの全盛期に誕生し、40年以上、ラジオ番組を制作・配給してきたのです。さらに2000年代に入り、ネットメディアの時代、このまま尻すぼみになるのか…と思いきや、近年のNPRは、本業の「音声コンテンツ」を武器に、ポッドキャストでヒット番組を連発しています

2. 教養番組やニュース番組に強みがある

2017年11月現在、45の番組がラインナップに並んでいます。公共放送ということもあり、ニュースや社会科学の番組が多いですが、クイズや音楽の番組も人気があるようです。

ここで主に取り上げようと思っているのは、

Hidden Brain
科学と物語の力で、人間の隠された傾向性を暴く番組。
https://www.npr.org/series/423302056/hidden-brain

Wait Wait…Don’t Tell Me!
一般人やゲストと一緒に、時事ニュースを扱うクイズ・ショー。ここ最近はトランプ大統領をいじりまくっている。
https://www.npr.org/programs/wait-wait-dont-tell-me/

How I Built This
起業家(アントレプレナー)を招いて、サクセスストーリーを聞く番組。
https://www.npr.org/podcasts/510313/how-i-built-this

の3つです。なぜなら、ぼくが毎週聴いているのはこれだけだからです!

あと、たまに聴いているのは、

Wow in the World
子ども向けの科学番組で、賑やか。NHKの雰囲気を感じます。How I Built Thisのホストでもあるガイ・ラズおじさんが、がんばってうたのお兄さん的な演技をしてる様子を楽しむ番組。
https://www.npr.org/podcasts/510321/wow-in-the-world/

Rough Translation
説明が難しいのだけれど、異なる文化圏では、アメリカと同じような日常の些細な出来事はどのようになされているのか、紹介する番組。つまり、あくまで表象や様式に限って文化比較をすることで、より冷静に「違い」について考えてみよう、ということだと思う。(何を言っているんだ?)
https://www.npr.org/podcasts/510324/rough-translation

あたりです。

さらに、ぼくは聴いてないですが、

人気らしいのは、みんな大好きテッド!

TED Radio Hour
https://www.npr.org/programs/ted-radio-hour/

NPRの看板ニュース番組には、

NPR Morning Edition
https://www.npr.org/programs/morning-edition/

All Things Considered
https://www.npr.org/programs/all-things-considered/

があります。

3. ポッドキャストのほかに、アプリやブラウザでも聴ける

ポッドキャストがよくわからない人でも、パソコンや、スマホのNPR専用アプリ「NPR ONE」で簡単に聴けます。

パソコンからは、NPRの公式サイトにアクセスをして、”programs”のタブから、番組名を選んで聴くことができます。

https://www.npr.org

スマートフォンからは、NPR ONEアプリをダウンロードして聴けます。

https://one.npr.org

パソコン(npr.org)のメリットは、

  • ポチポチしながら、楽しそうな番組を探すことができる
  • 一部の番組でtranscript(文字起こし)が読める

スマホアプリ(NPR ONE)のメリットは

  • 見た目も操作もシンプル
  • いつでもどこでも聴ける
  • resume、15秒巻き戻し、バックグラウンド再生もできる

ことでしょうか。個人的には、アプリがとてもベンリでおすすめです。

4. アメリカではインテリが聴いている

2014年にNPRのネット局、シカゴのWBEZが制作した”serial”というシリーズは、iTunesのポッドキャストで世界最速の500万ダウンロードに到達し、年内に4000万ダウンロードを突破しています。

アメリカのポッドキャストランキングでは、NPR制作・配給の番組が
トップチャートを独占することも珍しくないようです。

2012年の調査によると、聴いているひとの男女比は約半数(男性49%、女性51%)、支持政党は民主党寄り(共和党17%、指示なし37%、民主党43%)で、リベラルが多いようです(保守21%、中道39%、リベラル31%)。

つまり、比較的裕福で、都市部に住む教養のある層が聴いてると思われます。

ちなみに、”serial”は1999年の殺人事件の調査報道番組で、60分×全12話とのこと。お、重いよ…

Source:https://www.people-press.org/2012/09/27/section-4-demographics-and-political-views-of-news-audiences/h

余談:ラジオネットワークってなに?

日本にも「FMヨコハマ」「FMフクオカ」があるように、アメリカにも「マイアミFM」や「ワシントンFM」があります。

地方のラジオ局は、24時間自分たちで作ったコンテンツを流せるほど、余力もお金もありません。

そこで、ラジオネットワークに加盟して、ヨソからも番組をシェアしてもらうことになります。

ネットに入ることで、「マイアミFM」は自分でつくった番組だけではなく、NPRの本部や、「ワシントンFM」がつくった番組も流せるってわけです。ラッキー!

以上のような理由から、NPRが取り扱う番組は

  • 「NPRが制作→NPRがネット各局に配給するもの」
  • 「地方局(ネット局)が制作→NPRがネット各局に配給するもの」

に分かれます。

(たまに、NPRと地方局が共同で制作して、NPRが配給する番組もあります。グッジョブ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。