ルーフトップダイニングのChili Hipでディナーを食べました

バンコクといえば・・・ルーフトップ!

タイに住み始めて一年半、人生初のルーフトップを堪能しましたので、報告です。ルーフトップダイニングは、だいたい高層ホテルの屋上なんかにあって、パチい夜景を眺めさせながら、うまい飯を食わせます

今回行ってきたのは、Chili Hipというルーフトップダイニング。場所は、プラトゥナムエリアにあるCentara Watergate Pavillion Hotel Bangkok(セントラ・ウォーターゲート・パビリオン・ホテル・バンコク)の20階です。

今回ははりきって、ルートも紹介! ラチャプラロップ通りを北上すると、右手にCENTRA WATERGATE PAVILLIONの看板が見えてきます。露天の雑多感がすごいです。この先に、ちゃんとルーフトップというおしゃれ空間が存在しているのか、心配・・・

とりあえず建物に入って、「ホテルはこっち」みたいな案内板にしたがって歩いていくと、従業員入り口みたいな謎の空間に行き当たりました。

ふと左を見ると、清潔感あふれる無人の空間が。おそるおそる足を踏み入れると、この先にエレベーターを発見!

エレベーターで20階に上がって、無事にChili Hipの入り口にたどり着きました!

おしゃれすぎて正方形になってしまった看板

夜景。パチい〜! バイヨークタワー2がドーン! 1が左のほうでショボーン!

すてきな空間〜!

高級すぎて、スプーンとフォークが人目も憚らず添い寝してます!

えらそうにメニューを選ぶ私

シェフからのお通し。暖かいパンを、カレー風味のソースにつけて食べます。このとき気がついたのですが、ルーフトップってぴゅうぴゅう風が吹いて、涼しいです。地上のお店だと、暑くて汗が止まらず、かつ蚊に刺されまくるせいでたいてい早く帰りたいのですが、ルーフトップは快適! 長居したい!

さっそく飲み物をオーダー。ギャミーはマンゴーヨーグルトフラッペ(115バーツ、400円くらい)、ぼくはレモングラス・マルティーニ(190バーツ、700円くらい)を頼みました。美味しかったです。食べ物いってみよう!

届いた〜! ポーク・メダリオン(350バーツ、1200円くらい)。白ワイン煮、アンチョビソース、ベトベトのポテトに乗せて。柔らかくてめちゃうまでした。

パイナップルチャーハン(260バーツ、900円くらい)。大きなエビとカシューナッツが入っている。まあまあ美味しい!

シーバスのフィレ(260バーツ、900円くらい)。レモングラスとココナッツのソース(たぶん)。めちゃ美味しい。よく見ると、もち米を軽くフライした座布団の上に乗っています。二人で「クリエイティブだね〜」と謎の盛り上がりを見せるも、味についての感想はどちらからも出ず。魚はめちゃくちゃ美味しかった!

締めのデザートは、ザ・チリ・ドーム(250バーツ、800円くらい)。Chili Hipの看板デザートらしいです。赤いのはストロベリーのソースで、積み上げられた黄色いブロックは酸っぱいマンゴー。

割ってみると、なかにはチョコレートのムースが! 舌の上では甘さしか感じないのですが、なぜか喉がすこしヒリヒリ。店員さんに聞いてみると、ほのかな辛みがウリなのだそうです。添えられたフルーツの酸味もあいまって、いいかんじ!

Chili Hipからすぐ隣に見えている、WALKというルーフトップバー。別会計ですが、店員さんに言えば飲み物を持って移動できました。

ここはここでまたおしゃれな空間! なぜかさらに風が強くなって、寒いくらい! 誰もいない!

もう一杯、ココナッツベースのカクテル。価格は220バーツ(700円)くらいだったはず!

寒かったので、風邪を引く前にさっさと飲んで帰りましたとさ。ちなみに、価格はサービスチャージ10%、VAT(消費税)7%が上乗せされますので、ご注意! みなさんもバンコクに来た際には、ぜひルーフトップを体験してみてください!

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。