マダム・オング(มาดามออง)でベトナム料理を食べました

ただベトナム料理の写真をあげます

ナマステ〜!

タイでもベトナムでもない、インド感溢れるあいさつから始めてみました。みなさん、お腹の調子はいかがですか? 先日、近所のベトナム料理店、マダム・オングに行ってきましたので、報告です。早速ですが、チャオ(70バーツ、200円くらい)というベトナム風おかゆから。

タイのおかゆには二種類あって、日本のおかゆに近いどろどろの「ジョーク」と、お茶漬けに似た「カオトム」があるのですが、チャオはカオトム寄りでした。

えびと、かにの身と、貝柱が入ってました。お好みで調味料をいれて食べる感じです。めちゃうまでした。

蒸し春巻きのようなバンクオン。たしか100バーツ(300円)くらい。

バンクオンのアップ。プリプリしてておいしいのが伝わる写真。

中身はひき肉と、何らかの細かい野菜。表面にかかっているソース(ヌクチャムというらしい)が甘くてコクがあっておいしい。そして本日のメインディッシュは・・・

届いた〜! ベトナム風ピザ(たしか150バーツ、500円くらい)! お米を揚げた軽くてクリスピーな層の上に、薄くてモチモチしたライスペーパーの層があります。トッピングは、ひき肉と細かい野菜のサクサク揚げ。はちみつベースっぽい甘いタレをかけます。

これを食べにきたようなものです。ここから先はスイーツゾーンに突入します。ベトナム料理店ですが、スイーツはタイのスイーがメインでした。

タロのお団子とココナッツミルク(たしか30〜40バーツ、100円くらい)。湯気が立つくらい温かいです。トロトロのミルクにトロモチなタロが絡みます。ココナッツのほのかな酸味がいい感じ。

シロップとクラッシュした氷に沈めたジャックフルーツとトディパーム(たしか30〜40バーツ、100円くらい)。トディパームはココナッツの一種らしく、プニプニしててゼリー状でおいしい。日本語でなんていうか調べたけど、なんかよくわかりませんでした。

救助

 

おわりで〜す!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。