セントラル・ラップラオのTUDARIで麺入りトッポギ鍋を食べました

お〜い、日韓関係〜!

ここのところ、ギャミーが「ここ数年のバンコクでいちばん寒い」というくらい、涼しい日々が続いています。昨日は、バンコクでは年に一度見られるかどうかと言われている、幻の「セブンイレブンの店内で暖をとる人たち」を見ることができました。普段は涼をとるための場所なのにね!(買い物をするための場所です。)

さて、本題です。セントラル・ラップラオのTUDARIに行きました。コリアン・カジュアル・ダイニングだそうです。スイーツじゃない、ちゃんとした韓国料理はタイで初めてかもしれません。そういえば、最近の日韓関係はどうなっているのでしょう。お〜い、日韓関係〜! 仲良くがんばれよ〜!(適当)

まずは外観。お弁当どんどん以来のハッピートゥゲザー。ここのTUDARIはいつも混んでいます。20分くらい待ちました。アソークのターミナル21にあるTUDARIはいつも空いているので、並びたくない人はあちらがおすすめです。あっちのが店内も広いです。

ちなみに、元祖ハッピートゥゲザーはこちら。

 

ザ・メニュー。麺入り鍋が人気、というか、誰もこれ以外頼んでませんでした。

届いた〜! 麺入りトッポギ麺(Shindangdong tteokbokki Premium)。439バーツ、1,500円くらいなり。オリジナルでは、ご覧のペーストの上に唐辛子を刻んだものが乗っているぽいのですが、辛いの苦手なので外してもらいました。具材はトッポギ、しらたき入り海苔フライ、ゆで卵、キャベツ、にんじん、トッポギ、揚げかまぼこ、チーズ入りかまぼこ、明太子入りかまぼこ、ねぎ、牛肉、ハムなど。少食気味の二人には、ちょうどいい量でした。

麺をひっくり返して、濃そうなペーストスープに馴染ます〜

煮る煮る煮〜る煮〜♪(ねるねるねるね的な音階で)

完成! ご覧の通り、濃厚な味つけ。麺が太いおかげで、スープを吸ってもプリプリし続けて、いい感じでした。

おまけ:TUDARIのすぐ横にある、スタンドアローン型MアンドM販売マシーン。(スタンドアローンと言いたいだけ)

おしまい〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。