キングパワーのなんつッ亭でつけ麺を食べました

つけ麺は芸術である

「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」は狩野英孝さんのネタですが、あのネタの面白ポイントは「ラーメン、つけ麺、僕イケメン OK〜!」の「OK」ではないでしょうか。あの得体の知れない「何がOKなのかよくわからないOK」が、いい味出してるんですよね。

ッつうわけで、なんつッ亭に行ってきました。なんつッ亭、タイプするたびに、「なんつっ亭」と一回打ち、小さな「っ」まで戻って消し、代わりに小さな「ッ」を入れ直して文末まで戻って来るこの時間? すごく面倒なので店名を「なんつっ亭」か「ナンツッ亭」に変えて欲しいです。

席に着くなり、客の視点なのか店の視点なのかよくわからない暖簾が。「うまいかどうかはわしが決めるんじゃボケナス」って思いましたね。

つけ麺について、ちょっと語っていいですか。あの、つけ麺って、おいしいつけ麺に当たるの、すごく難しいんですよね。ぼく、東京のつけ麺はけっこう食べ回っていて、思い出すだけでいくつか好きな店があります。後楽園のMENSHO TOKYOでしょ、浜松町のTHANKに土竜でしょ、飯田橋のつじ田でしょ、高田馬場の俺の空でしょ、、、でもね、これらのお店と、それ以外の凡百のつけ麺店の違いって、ほんと、紙一重な気がするんです。でもその紙一重が、一人前の量を最後までおいしく食べきれるかどうかに大きく関わってくるのです。

ぼくは小食なのですが、おいしいつけ麺に当たると、胃の限界を突破して、レギュラーサイズでも食べれちゃうのです。そういう奇跡を起こしてくれる料理って、つけ麺のほかにありません。

さて、つけ麺の登場です。250バーツ、普通盛りです。先に言っておくと、この量は、奇跡が起きないと食べられない量です。

バーン

麺、しっかり冷えてる。もちもち。

スープ、しっかり熱々。

めちゃくちゃおいしかった・・・。スタンダードでありながら、大味にならず、魚介のコクと、豚骨の濃厚さが高いレベルで融合している。まったくもって欠点がない味。文章全体が緩急なく太字になってしまうくらいにおいしい。

スープちびちび飲んだ。

うん、うまかったぜベイビー!

ここがタイであることを忘れるレベルのおいしさであった。

P.S. ギャミーが頼んだ赤ナントカラーメンの小盛り。150バーツ。ギャミーも太鼓判のおいしさ! ぼくには辛かった!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。