新しいサイトで、日記と短歌を更新中!

Yogurtlandで239バーツ盛り放題やってきました

ヨーグルトランドは幸せの大陸である

昨年末にオープンしたばかりの、サイアム・パラゴンのヨーグルトランドに行ってきました。ヨーグルトランド自体は、ほぼどこのデパートにもあるのではないかというくらい、たくさんあります。店舗によってテーブルがなかったり、あってもほんのわずかしかないので、気をつけましょう。

日本では、米国本社と円満離婚したヨーグルトランドの日本法人が、「パーティランド」という名前で2店舗を運営しているようです。沖縄に「パーティーランド カーニバルパーク美浜店」、長崎のハウステンボスに「ヨーグルトワーフ」があるようですが、カーニバルパークのほうはどちらが店舗名なのかわかりづらいですし、「ヨーグルトワーフ」に関してはもうパーティランドのパの字もありません

フレーバーは6種類。プレーンヨーグルト、チョコレート、オレンジクリーム、ストロベリー、パイナップルタルト的な何かパッションフルーツ的な何かの6種類でした。たまに新フレーバーが入荷するのですが、数ヶ月に一度、忘れた頃に入れ替わってるような感じ。

総勢70種類以上のフレーバーが、サイアム・パラゴン店の売りです! オープンしたばかりということで、今だけの特別仕様なのか、今後も続けるのかは不明。

出ました! コーヒー屋さんを徘徊するおしゃれインスタグラマーのような画角〜

まずはこんな感じで。見えているのはストロベリーです。先に言ってしまいますと、マシュマロやグミはアイスに触れてガチガチに硬くなるので、あごと銀歯に自信がないのであればやめておいたほうが無難です。

だからね、こうしてフルーツを載せましょう。

完成しました! 880グラムになりました。通常だと100グラム80バーツ(280円くらい)なので、700バーツ(2500円くらい)になる量ですが、今回は盛り放題なので239バーツ(800円)くらいです。ちなみに、このあと謎のおじいさんが現れて、腰を落として巧みにレバーを操り、プレーン味のみでこの2倍くらいの大きさのソフトクリームを作っていました。

ヨーグルトアイスはわりと水分量が多いようで、しっかりと固まっているので強気でオーケーです。

みっともない食べ方

イチゴやキウイが出てくるとテンションが上がりますが、鋼鉄のグミやマシュマロに当たるとイラッとします。

なんだかんだと言いながら、順調に食べ進むわれわれ。ちなみにぼくは、この直前にペッパーランチでハンバーグとビフテキを食べています。

粉のように見えるのは、オレオを砕いた粉末のようなものです。いや、違うな、オレオのようなものを砕いた粉末です。

みなさんもタイに来たらヨーグルトランドへどうぞ!

ハウステンボスに行ったら? ・・・そう、ヨーグルトワーフ(?)だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。