新しいサイトで、日記と短歌を更新中!

映画『VENOM(ヴェノム)』を観てきました

愛すべき映画であった

映画を観てきました。VENOMという映画でございました。

非常に愛すべき映画だったと思います。多くの人に見て欲しいです。

どういう気持ちで見ればいいかというと、たぶん、主役のトム・ハーディのことをいろんな意味でかわいそうだと思いながら見るのがいいのではないでしょうか。ぼくは彼のことが大好きになりました。

映画館はテンション上がりますね。

予告20分って聞いてたけど、40分はあったな。

映画を観ながら、「映画って、きっと、みんなが一生懸命作ったんだよなあ。全員が『いい作品にしたい』って思いながら、プレッシャーと闘いながら、そして時には『これはなにか間違った方向に進んでいるような気がする』と薄々感じながら、それでも手を抜かず、少しでも良くしようと工夫したりして、完成させるんだよなあ、きっと。で、出来上がったものを見て、たとえそれが思っていたものと違っていても、それは決して無駄ではないよな。だって、チームの全員が、全力を尽くして作ったんだから。そうしてひとつの新たな映画が生まれたわけだから。それに、出来上がったものを信じて配給する人たちもいるんだ。映画って、本当に素晴らしいよな」って思いました。

おわり。

えっと、なんか変な感じになってしまいましたが、ぼくがこれまで紹介した映画の中で、いちばん見て欲しいです。(三回くらいしか紹介してないけど。)よろしくお願いしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。