探し物の見つけかた 〜これで無理なら神隠し〜

(今なにかを失くしていて、すぐに探したい人は、探す編へスキップ!)

物を失くして、カバンや部屋のなかを探しても、いっこうに見つからない。そんな経験、ありませんか? 大人なんだから、そんなこと滅多にないですよね。

残念ながら、ぼくの恋人のギャミーは毎時0.7個くらいのペースで物を失くします。物を失くしている人間は、同時に落ち着きも失っていることが多いので、冷静なぼくが探します。

まずは、下記の表をご覧ください。

ギャミー探し物番付
横綱:化粧品(口紅、アイライナーなど)
(5.0)
横綱:ペンケース
(4.5)
大関:充電コード
(3.5)
大関:財布
(3.5)
関脇:定期券
(3.0)

スマホは音を鳴らすことができて、たいていすぐに見つかるので除外しました。この番付を見ると、ものが失くなるのに大きさはあまり関係がないことがわかります。これは、地球の大きさと比較すると、財布もアイライナーも同じくらい小さいという事実から考えて、当然のことです。

さて、早速探してみましょう!

探す編

1. 部屋の照明をすべてONにしよう

薄暗い部屋では、探し物は見つかりません。あらゆる照明をつけて、視認性を高めましょう

2. ライトで照らして回ろう

部屋の照明は日常生活に適した明るさですが、探し物に適した明るさではありません。懐中電灯やスマホのライトで照らしましょう。いつもとは違う角度から光を当ててみて、浮かび上がった陰影に注意しながら探しましょう。

3. 目線を同じにしよう

人間は二足直立歩行をする生物なので、見下ろして物を探しがちです。そうすると、上から何かが覆いかぶさった物を見つけるのは、極めて困難になります。床のうえを探すときは、床まで目線を下げて探しましょう。棚の上、引き出しのなかも同様に、顔を近づけて、目線をできるだけ合わせて探しましょう

4. 中身を全部出そう

あやしいと思ったカバン、ポケット、引き出しは、いちど中身を全て出して、並べてみましょう。中学校で習った確率の問題を思い出してください。

「袋に入った10個のボールのうち、1個だけが赤、残り9個はすべて白です。Aさんはボールをひとつ取り出して、また戻します」

これでは10万回ボールを取り出しても、赤が一度も出てこないことだってありえます。いちばん速くて確実なのは、袋から全部出すことです。中身をかき混ぜながら探すのは、白のボールを何度も引き続けるとの同じです。

5. ひっくり返そう

地球には重力があるので、大きなものは小さなものに覆いかぶさって、姿を見えなくします。さらに、人間は陸上で二足直立歩行をする生物なので、基本的には上から物を見下ろして生活をしています。したがって、探し物は別の何かに覆われていて、上からの視点では見えなくなっている可能性が非常に高いです。最適な対処法は、小さなものを大きなものの上にひっくり返すことです。

6. 関係ないものをどけよう

探し物が見つからないのは、探し物が存在しないからではなく、余計なものが視界に入って、捜索の邪魔をしているからです。雑誌、ブランケット、クッション、コップ、上着、ペットボトル、ドライヤーなど、関係のないものはどんどん別の場所にまとめましょう

探す編まとめ

まとめ
明るい光で照らして、できるだけ顔を近づけよう。手を使って中身を全部出して、ひっくり返そう。探し物と関係がないものは、捜索圏外に動かそう。

失くすの予防する編

あくまで番外編ですが、「もう失くさないゾ」と誓ったあなたへ。

ここでもう一度、下記の表をご覧ください。

ギャミー探し物番付
横綱:化粧品(口紅、アイライナーなど)
(5.0)
横綱:ペンケース
(4.5)
大関:充電コード
(3.5)
大関:財布
(3.5)
関脇:定期券
(3.0)

2個買う

化粧品がどうして失くなるかというと、実家 ↔︎ 職場 ↔︎ たご家 を行き来して持ち歩いているからです。ものを動かすと、そのぶん紛失のリスクは高まります。それぞれの場所に買い置きしておくのが有効です。(ただし、化粧品というのは、われわれ男子が思っているよりも高価らしいので、安易に「もう一個買えばいいじゃん」というのは危険です。)

失くした未来を想像する

たとえば、いつもと違うカバンで外出をして、定期券を使ったとします。今日のカバンはポケットがないので、仕方なく上着の胸ポケットに入れます。このとき、0.1秒の判断で、何も考えずポケットに入れると、あとから思い出すのは不可能です。重要なのは、いつもと違う行動をしたその瞬間です。「30分後の俺よ、お前は電車を降りる時、いつもの場所に定期がなくて焦るだろう。お前は今日、コートの胸ポケットに定期券を入れた。そのことをしっかりと思い出すんだ」と10秒くらいかけて念じましょう。

待つ

「物を失くす」というのは、詳しく言い換えると「必要なときになくて困る」ことです。つまり、実際に必要になるまでに見つかれば、今は無くても問題はありません。今大切なのは、別の何かを新たに失くさぬよう生きることです。

いかがでしたか。みなさんもなにか具体的な探し物の方法があれば、このブログって実はコメント欄があるので、コメントしてくれると嬉しいです。名前もメアドも認証も不要、ワンクリックでコメントできます! それでは!

2 COMMENTS

たご

げりめがねさんへ
こんにちは。ギャミーからコメントです!
“If it’s not small, I don’t lose it. Right?”
ギャミーは笑っています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。